断頭台の友よ

スポンサーリンク
ライト文芸

断頭台の友よ(8)

<<はじめから読む! <7話  もっとも、クレマンには人々の興奮など、関係なかった。怯え、逃げ惑うだけ。仮面の子供が生きるか死ぬか、見物人たちは賭けている。暴れる男に殴りつけられれば、か細いクレマンはひとたまりもない。...
ライト文芸

断頭台の友よ(7)

<<はじめから読む! <6話  父に連れていかれたのは、横領の罪に問われた騎士の処刑であった。宝物庫の警備担当であったのをいいことに、組まされた同僚の目をかいくぐり、窃盗を働いた。横領罪を償うには、両手を切り落としたう...
ライト文芸

断頭台の友よ(6)

<<はじめから読む! <5話  クレマンが九つの年、ずっと年齢の離れた兄が死んだ。  ムッシュウ・ド・パラーゾと呼ばれ、王都の治安維持に努めるべきは兄であった。そうはいっても、クレマンが自由に生きることは許されて...
ライト文芸

断頭台の友よ(5)

<<はじめから読む! <4話  クレマンは男が絶命したことを、呼吸と心臓の音で確かめると、嫌なことはさっさと済ませるに限るとばかりに、用意していた火種をしっかりと油の染みた布を巻いた松明に移し、男の身体を焼いた。火が全...
ライト文芸

断頭台の友よ(4)

<<はじめから読む! <3話  手足を潰したことによって、男は気を失った。歴代のムッシュウ・ド・パラーゾたちによって記された人体の構造は、クレマンの中にしっかりと定着している。どこをどう潰せば、適度な時間で刑死するのか...
ライト文芸

断頭台の友よ(3)

<<はじめから読む! <2話  広場に作られた処刑台は、誰もが見やすいように吹きさらしになっている。風が強く吹く。あおられて落ちないように、気を張らなければならない。息を吸うと、また猫背になっていたことに気づき、クレマ...
ライト文芸

断頭台の友よ(2)

<<はじめから読む! 「しかし俺みたいなケチな新聞屋の首を刎ねるなんてね、やっぱり首斬王は狂っておられやがる。街じゃあ噂んなってるぜ。旦那も聞いたことあるだろう? ここんとこ続いてる、首斬り殺人。ありゃあ悪魔に憑りつかれた王...
ライト文芸

断頭台の友よ(1)

 長い間牢に囚われていた男は、黒衣の死神ひとりしかいないことを確認すると、今日が自らの運命の日であることを悟った。  手渡された布で身体を清拭すると、垢がぼろぼろと皮膚から剥がれ落ちる。毎回のことながら、この臭いが最も耐え難...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました