薔薇をならべて

スポンサーリンク
BL

薔薇をならべて(26)

<<はじめから読む! <25話 「僕はそういう愛し方しか知らないから。だから、仲良くなりたい人にはひたすらいっぱいプレゼントを贈ってた」  幸い、手元に金はあるし、もらったままになっているものもたくさんある。 ...
BL

薔薇をならべて(25)

<<はじめから読む! <24話 「これはお礼。僕に大事なことを気づかせてくれた」  言い聞かせる言葉は、耳を通り、脳に到達し、心に響き渡った。動きを止めた涼の手を取り、絡ませる。当然、手のひらに取り出したクリーム...
BL

薔薇をならべて(24)

<<はじめから読む! <23話 「母さんに?」 「それはこっち」  同じ包装だが、こちらの方が大きい。それでは、小さい方は誰あてだろう。うちには母しか女はいない。彼女宛のプレゼントを、見せびらかしたかっただ...
BL

薔薇をならべて(23)

<<はじめから読む! <22話  花屋の開店前準備や、老婦人宅での実習を経て、香貴はようやく人並みに植物を育てることができるようになった。肥料は与えれば与えるほど、植物が元気に育つ魔法の薬ではないし、土が許容できる水の...
BL

薔薇をならべて(22)

<<はじめから読む! <21話 「はい。バラも自然にのびのび生きていたいんじゃないかって、僕は思うんです」 「自然? あんた、バラが自然だと思ってるの?」 「え」  植物は常に自然とイコールであると疑...
BL

薔薇をならべて(21)

<<はじめから読む! <20話  開店してからも、かき入れ時のイベント前でもなければ、混雑する店ではない。そろそろ母の日が近いため、注文は入るものの、繁忙期はこれからだ。  母は店を訪れた友人と喋りながら作業をし...
BL

薔薇をならべて(20)

<<はじめから読む! <19話 「どうするの?」 「こうする」  枝の先端を揃え、作業台に置く。そして取り出したものに、香貴はぎょっとした。彼の戸惑いは無視して、涼は手にしたハンマーで、枝を力強く叩いた。当...
BL

薔薇をならべて(19)

<<はじめから読む! <18話  三十分の仮眠でだいぶすっきりした香貴を連れての買い付けは、まずまずの結果であった。  町の花屋には、いつもの花プラスアルファがちょうどいい。今の時期だとチューリップが盛りだ。赤、...
BL

薔薇をならべて(18)

<<はじめから読む! <17話  千秋楽が終わっても、なかなか仕事に切れ目がなかった香貴の、久しぶりの一日オフの日。  申し訳ないと思いながらも、涼は事前に連絡して、時間を作ってもらった。午前中で終わる予定だが、...
BL

薔薇をならべて(17)

<<はじめから読む! <16話  幕が一度閉じる。カーテンコールも練習するらしい。中央で堂々と客席に礼をする香貴と、目が合ったような気がして、涼はぱっと顔を下げた。感動して、少し泣いてしまったことを、隠しておきたかった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました