スポンサーリンク
ライト文芸

不幸なフーコ(27)

<<はじめから読む! <26話  真っ直ぐ家に帰らずに、哲宏の家に寄った。庭に自転車があるのを確認してから、ピンポンを押す。  インターフォンのカメラに私が映っているのが見えたのだろう。返事はなく、ただ、ガチャ、...
ホラー

豊嶋玲子に関する考察

『豊嶋とよしま玲子れいこは、A県出身の女優だった。昭和〇〇年に上京し、Xという劇団に所属した。地元では評判の小町娘だったが、舞台では主役はおろか、せりふのある役につくこともほとんどなかった。  彼女が有名なのは、女優としての...
ライト文芸

不幸なフーコ(26)

<<はじめから読む! <25話  文化祭の出し物は大きく分けて三種類。展示とステージ発表と模擬店だ。文化部は自分たちの日頃の成果を発表する舞台として、作品展示をしたり、体育館ステージで音楽や演劇を行う。  クラス...
ライト文芸

不幸なフーコ(25)

<<はじめから読む! <24話  夏休みが終わるまでに、私は哲宏と仲直りをすることがなかった。  風子の宿題の手伝いも、私だけが風子の家に行き、自分の家に呼ばなかった。哲宏と私の間に何があったのか、風子は何も気づ...
ライト文芸

不幸なフーコ(24)

<<はじめから読む! <23話  小学校五年生。宿泊研修のときのことだった。  少年の家、とかいう宿泊施設が郊外にあり、そこで一泊二日、外でご飯を食べたりスタンプラリーをしたり、とにかく自然と触れ合う学校行事であ...
ライト文芸

不幸なフーコ(23)

<<はじめから読む! <22話  花火大会以来、風子はスマホを見つめてちょっとおとなしくしていることが増えた。  心配するふり、何も知らないふりで、「どうしたの?」と、声をかける。  しょんぼりと眉を下げた...
ライト文芸

不幸なフーコ(22)

<<はじめから読む! <21話  私は、金髪男と二人きりになった。  人混みの中、背の高い男はよく目立った。夜の河川敷、屋台の灯りを金髪が反射する。美容院に頻繁に行っているわけでもなさそうで、その輝きは美しいとは...
ライト文芸

不幸なフーコ(21)

<<はじめから読む! <20話  花火が打ち上がるまで、あと一時間半もあるというのに、観覧席は大勢の人で賑わっていた。  なんとか座れる場所はないかと探していると、風子が「あっ」と声を上げ、手をぶんぶんと振り回し...
ライト文芸

不幸なフーコ(20)

<<はじめから読む! <19話  花火大会当日。私は風子の家に、少し早めにやってきた。 「野乃花ちゃん、おいで」  私を含めた何人かで花火に行くのだと風子が報告したところ、祖父母は喜んだ。  何せ、手...
ライト文芸

不幸なフーコ(19)

<<はじめから読む! <18話  勉強会はその後は和やかに再開された。綾斗をなだめながら、夕方になり、母親が帰宅する前に風子を帰す。 「哲宏の教え方、わかりやすかったでしょ?」 「うん!」 「また教え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました