スポンサーリンク
短編小説

桜待人

 四月になってカレンダーは桜の花の写真に切り替わったが、実物を目にするまでにはあと一か月弱。それでも私は、今日から通うこの市立高校の桜並木に満足していた。  野暮ったいセーラー服――タイも紺色で、黒のラインが入っている重い色合いの―...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました