ニート

スポンサーリンク
ライト文芸

高嶺のガワオタ(35)

<<はじめから読む! <34話  飛天が「人の多いところは無理だ」と告げると、太陽は特に何も聞かずに、了承した。パニックになるとか、そういう繊細な部分にかかわる問題だと解釈したのだろう。突っ込んでこないのが、ありがたか...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(34)

<<はじめから読む! <33話  いよいよ、映画の上映日が近づいてきた。次郎の母校である専門学校の学校祭は二日間。各日五回だけ、中野太陽監督作品は日の目を見る。  SNSを使っての宣伝もしていない。学校祭のパンフ...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(33)

<<はじめから読む! <32話 「ありがとう」  試写会が終わり、そのまま打ち上げに流れる。紙コップに注いだドリンクを手渡してきた太陽に、飛天は礼を言われた。 「礼を言われることなんて、俺は何もしてない」 ...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(32)

<<はじめから読む! <31話 『恐れるな、サヤ。君が怖がれば怖がるほど、彼も恐慌状態に陥り、暴走する』  飛天は静かに言う。フードを目深に被り、それでもやや心もとなかったので、突貫で作った白い仮面を身に着けてい...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(31)

<<はじめから読む! <30話 「本当にすまなかった」  次郎の噂話は、半分が本当で半分が間違いだった。太陽自身は盗撮騒ぎに一切関与しておらず、中心となっていたのは記録係の男だった。  この数日、太陽は部員...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(30)

<<はじめから読む! <29話  あくまでも噂だ、と前置きしたうえで次郎が言ってのけたのは、中野太陽率いる特技研の最近の噂だった。 『某有名監督の真似をして、最近はきわどいショットばかり狙ってるって噂が……』 ...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(29)

<<はじめから読む! <28話 「品川!」  大声で怒鳴られて、ハッとした。高岩ではない、別の若い先輩と組み手の練習をしている最中に、考え事をしてしまった。飛天の頬に、相手の手刀が決まる。  鋭い痛みに、蹲...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(28)

<<はじめから読む! <27話 『絶対に、報われる日は来るから!』  芸能界は残酷な世界だ。入ろうとする者を弾き返し、なんとか厳しいオーディションを経て残ったとしても、人気がなければ生きていけない。そして去る者を...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(27)

<<はじめから読む! <26話  妹が不在の時間をなるべく狙って、飛天は映理を招いていた。今日で三回目、すでに撮影は始まっている。  飛天は撮影現場にも見学に行っていた。太陽は真剣に、細かく演出を演者に伝えていた...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(26)

<<はじめから読む! <25話  頬を押さえながら、舞い上がりそうな気持ちでいっぱいの映理に、「俺、高校のとき演劇部だったんだ」と小さな嘘をついた。 「本当に? 裏方じゃなくて、役者をしてたんですか?」 「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました