ニート

スポンサーリンク
ライト文芸

高嶺のガワオタ(25)

<<はじめから読む! <24話  とにかく話をきちんとしようと、飛天たちは太陽に連れられ、別室へと移動した。狭い控室のテーブルに向かい合って座る。 「あの、中野さん? ヒロインって……」  太陽の目は、映理...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(24)

<<はじめから読む! <23話  会場は満員御礼だった。ここにいる全員が、特撮オタクかと思うと飛天は緊張で身を強張らせたが、すべて杞憂だった。  ここにいるのは純粋に特撮技術やアクションなどに魅了された人間たちば...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(23)

<<はじめから読む! <22話  映理から電話で誘われたのは、三日前だった。 『飛天さん。お願いがあるんですけど……』  普段は意識しないが、電話越しだと、声に宿る感情というものに敏感になるものだ。映理の声...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(22)

<<はじめから読む! <21話  その日の飛天は早起きだった。つい先日までのニート生活が嘘のように、規則正しい生活を送っているものの、さすがに六時に起きたのは、高校生以来のことだ。  すでに起きていた母親がぎょっ...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(21)

<<はじめから読む! <20話  すべてのショーが終了して、後片付けも終わり。一部の人間を除いて現地解散のため、飛天は映理と待ち合わせていた。  彼女が指定してきたのは、近くにある喫茶店だ。メジャーなチェーン店で...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(20)

<<はじめから読む! <19話  デビュー日の天気予報は、晴れ。気温も高くなるようで、スーツを着てアクションをするのは大変そうだが、雨で中止になったり、やれても客がほとんどいなかったりするよりは、全然マシだ。  ...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(19)

<<はじめから読む! <18話  水曜日の全体練習および裏方の人間も含めたミーティング前に、高岩に背中を叩かれた。 「いっ……でぇぇ」  彼は自分の馬鹿力に自覚がないのか、飛天は毎回、痛みに七転八倒する。背...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(18)

<<はじめから読む! <17話  週末のどちらかは潰れるし、平日は平日で、映理の方が大学の講義がある。なので、この一か月、ほとんど映理とは直接顔を合わせていない。  ひとつ進歩があったとすれば、電話でのやり取りが...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(17)

<<はじめから読む! <16話  体力には自信があった。それこそ五年くらい前は、地獄のようなダンスレッスンにも耐えてきたし、先輩たちのバックで笑顔で踊り続けることもできた。  だが、アクションの練習とは違う筋肉を...
ライト文芸

高嶺のガワオタ(16)

<<はじめから読む! <15話  ただのニートだった飛天が、毎日外に出るようになった。両親は――特に母は泣いて喜び、妹は「明日は雨?」と言い出す始末だった。 「梅雨入りしたから毎日雨だろ」  ここ最近は、コ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました