年上攻め

スポンサーリンク
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(32)

<<はじめから読む! <31話  食事が終わり、早見が自分の書斎に籠もって仕事を始める頃になっても、日高はリビングから動かなかった。思い悩む飼い主の姿を、メレンゲは不思議そうに見つめている。  映画に行きたいと言...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(31)

<<はじめから読む! <30話  翌朝、起きてきた早見は、決まり悪そうな表情を浮かべていた。 だからといって、謝罪はない。謝ることはすなわち、自分の唐突な行動の理由を述べなければならないということ。早見は日高に、...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(30)

<<はじめから読む! <29話  たまたま映し出されたのは、夏らしく、心霊特番であった。あまり見たことがなかったので、不満も忘れ、日高はじっと画面を見つめてしまう。 『いやあ、これは加工でしょ。いくらでも画像ソフ...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(29)

<<はじめから読む! <28話  夕飯の後、日高はテレビの電源を入れた。ソファに並んで座り、メレンゲがおもちゃと戯れているのを見守りながらの団欒は、一日を締めくくる大切なイベントだった。 テレビを見ることもあれば...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(28)

<<はじめから読む! <27話 「メレンゲ、おいで」  ソファに座った日高の呼び声に応えて、巨大な綿あめが乗り上げてきた。 都会では滅多に見ることのないスタンダード・プードルの成犬の重さは、二十キロ近い。重...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(27)

<<はじめから読む! <26話  湖にいつまでもいるわけにもいかない。わずかながら観光客が現れ始めた頃、早見は「帰るぞ」と言い、日高の着ていた洋服のフードを被せた。  ここでは項を守らなくてもいいのに、結局いつも...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(26)

<<はじめから読む! <25話  向こうに残してきた友のことを思っていた日高だったが、メモを取っていた早見が妙な顔をしていることに気づいた。虚を突かれたとでもいう表情である。 「あの、早見さん?」  早見は...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(25)

<<はじめから読む! <24話 「昔々、翡翠姫っていう、お姫様がいたそうです」  姫は、オメガだった。当時はもっと別の言葉で呼ばれていたらしいけれど、興味のない日高は、忘れてしまった。  権力者の家に生まれ...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(24)

<<はじめから読む! <23話 「君は、ここに倒れていたんだ」  置き忘れられたようなベンチに座り、コーヒーで一服した後の早見の言葉に、日高は辺りを見回した。  遮る草木の陰もなく、見晴らしがよい。こちらの...
BL

平行線上のアルファ~迷子のオメガは運命を掴む~(23)

<<はじめから読む! <22話 復調した日高に、早見は奇異の目を向けることはなかった。 「おはよう。体は平気か?」  気遣うセリフに、性的な好奇心はない。カチコチになっていた身体から、すとんと力が抜けた。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました