年下攻め

スポンサーリンク
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(25)

<<はじめから読む! <24話  津村とは、週末に物件巡りをする約束をした。  駅で別れ一人で電車に乗っていると、どんどん酔いも醒めてきて、圭一郎は鞄をぎゅっと抱き締めた。  本当に、この選択で合っているの...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(24)

<<はじめから読む! <23話 「弟離れ、か……」  実のところ、何度か試みたことはある。自分が高校生になったとき、就職したとき、和嵩が大学生になったとき。いずれも和嵩の「兄ちゃん、なんか変」の一言で終わった。 ...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(23)

<<はじめから読む! <22話  津村に連れてこられたのは、会社の近くにある創作和食が売りの居酒屋チェーンだった。ごちゃごちゃとうるさくない看板や、すべて半個室に区切られたテーブル席が若い女性を中心に人気だという。圭一...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(22)

<<はじめから読む! <21話  就業時間中は、外回りに行ったり、取引先との電話が長引いたりで、結局会議資料の作成まで回らなかった。その残業も、パソコンに嫌われなければ一時間半で終わってしまう。上書き保存のボタンをしつ...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(21)

<<はじめから読む! <20話 「あ。データ消えてる……」  昨日確かに入力したはずのデータが、パソコンの中からきれいさっぱり消滅していることに気づき、圭一郎は青ざめた。なるべく家に帰る時間を遅くするために、した...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(20)

<<はじめから読む! <19話  しかし今日は、いやに触れている時間が長い。文句を言ってやろうとして、圭一郎は和嵩の肩を押して抵抗の意を示す。少し離れた隙に、口を開きかけた。 「!」  隙ができるのを待って...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(19)

<<はじめから読む! <18話  黒崎はしっかり夕飯まで天野家で食べてから、去っていった。家族全員がお喋りで、つい聞き役に徹してしまうタイプの和嵩にも、黒崎は上手に話を振って、場を盛り上げた。  母は「また来てね...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(18)

<<はじめから読む! <17話 「はい?」  弟の声に続いて、ドアを開けてくれたのは、背の高い男だった。一七〇センチにギリギリ足りない背丈の圭一郎にとっては、和嵩も十分長身だが、彼はもっと大きかった。見上げた顔の...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(17)

<<はじめから読む! <16話  デートの練習と違い、キスの練習は家でできてしまう。いや、むしろ家でしかできない。外でキスしているところを見られてみろ。昔よりは寛容になってきたとはいえ、男同士のカップルに対する世間の目...
BL

可愛い義弟には恋をさせよ(16)

<<はじめから読む! <15話 「……いいムードになってきたら、肩を抱いて引き寄せて」  言いながら、実践する。和嵩は素直に、圭一郎に身を寄せた。 「ほっぺたとか触って、顎をこんな感じにして……」  ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました