溺愛攻め

スポンサーリンク
レビュー

溺愛鷹公爵と愛され猫(椿ゆず)

ひとりで勝手に角川モフモフ祭り、ようやく三冊目です。 「溺愛鷹公爵と愛され猫」(椿ゆず) ネコ科獣人のルカは不吉な虹色の瞳を持つため孤独に生き、居場所を与えてくれたタイガー公爵の役に立ちたい...
レビュー

銀嶺のヴォールク(北ミチノ)

秋のBL読書週間、買ってきた本がたまたま、 ・シリアス×西洋風ファンタジー・ラブコメ×現代日本 っぽいので、交互に読んでいます。 「銀嶺のヴォールク」(北ミチノ) ↑リンク先はAmazonです。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました