美少女

スポンサーリンク
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(80)

<<はじめから読む! <79話 「ああ、もう帰るところだった?」  瑞樹先輩がやってきた。結局俺たちは、彼のクラスが何をしているのか知らない。 「お疲れ様。ひとまずこれ」  疲れたときには甘いもの……...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(79)

<<はじめから読む! <78話  石けんもできあがり、スペースのレイアウトも決まった。配布レシピの印刷もOK。いよいよ文化祭当日となった。  結局、呉井さんの家に行けたのは、最初で最後だった。静香さんに写真の少女...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(78)

<<はじめから読む! <77話 「えっと、確かこの辺に……ああ、ありました」  振り向いた彼女の手には、数冊のフォトアルバム。  重いだろうから、と俺がアルバムを持った。そしてそのまま、隣にあるゲストルーム...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(77)

<<はじめから読む! <76話  石けん作りは楽しかった。捏ねて、精油やはちみつなどの素材を入れて、さらに捏ねて成形する。 「なんか、幼稚園のときの粘土遊び思い出すよな」 「そうですわね」  ...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(76)

<<はじめから読む! >75話 「ようこそ、皆さん」  洋風建築の屋敷に、呉井さんがドレス姿だと錯覚した。本当は、フリルをあしらったエプロンをしているだけだった。石けんづくりへの並々ならぬ熱意から、彼女は...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(75)

<<はじめから読む! <74話  練習も首尾よくいって、土曜日。いよいよ呉井家訪問の日である。  俺は山本と待ち合わせて、学校へと向かう。事前の打ち合わせが必要だった。 「呉井の家族か、仙川先生以外...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(74)

<<はじめから読む! <73話 「く、呉井さん呉井さん、いったんストップして休憩しよ。な?」  慌てて作業を止めさせる。呉井さんは、はっとして俺の顔を見る。それから恥ずかしそうに、自分の彫っていた石けんを見つめる...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(73)

<<はじめから読む! <72話  呉井家の協議の結果、来週の土曜日に石けん作り大会の開催が決定した。それまでに山本は材料を用意することに。見本分のみなので、数はいらないが、種類はいくつか用意しておいた方がいいだろう。 ...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(72)

<<はじめから読む! <71話 「雑貨扱いでも、原材料とか成分とか明記しなければならないし。僕たちができそうなのは……」  山本は再度、スマートフォンを弄る。 「こういうのかな」  彼が示したのは、石...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(71)

<<はじめから読む! <70話  九月になって、学校が再開された。変わったことといえば、俺は髪の毛を染め直すのを辞めた。ピンクをきれいに出すためにブリーチしていたので、色が抜けてもやや赤みが残っている状態だ。  ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました