美少女

スポンサーリンク
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(107)【終】

<<はじめから読む! <106話 「明日川くん。皆さん。ちょっとお付き合いいただけますか?」  呉井さんが言い出したのは、修学旅行の自由行動中だった。  彼女の誕生日の翌日、月曜日。無事に投稿した呉井さんを...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(106)

<<はじめから読む! <105話 「トラックに跳ねられて異世界に行けるっていうんなら、俺も連れていけよ。なんなら学校から飛び降りたっていい。ここは二階だから微妙だけど、運がよければ死ねる」  俺は鎖を引いた。繋が...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(105)

<<はじめから読む! <104話 「瑠奈ちゃんには、私しかいないの。明日川くんには、私以外にも友達がいるでしょう? 山本くんも、柏木さんもいる。瑠奈ちゃんには、私だけなの」  それも洗脳のひとつの手段だったのだろ...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(104)

<<はじめから読む! <103話 「瑞樹さんと、恵美に聞きましたの?」  この期に及んでも、気取ったテンプレお嬢様口調を崩さない呉井さんに、少しだけ腹が立つ。半分はね、と俺は言った。最初に気がつくきっかけをくれた...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(103)

<<はじめから読む! <102話 「学校……?」  やってきたのは夜の学校。日曜日だし、修学旅行も近いので、部活の練習もすでに終わっている。職員室も薄暗い状態で、誰もいない。門も閉まっているはずなのだが、一応は学...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(102)

<<はじめから読む! <101話  十一月。季節は秋も秋、晩秋という奴だ。日が落ちるスピードは、合宿で歩いた夏の夜とは段違いだ。  六時になる前に、薄暗くなった。電車に乗って、帰路につく。遊び疲れた呉井さんは無言...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(101)

<<はじめから読む! <100話 適当なところでランチにして、それからショッピングへ。 「明日川くんは、何か見たいお店はないのですか?」  呉井さんの好きそうなテイストの店は、昨日柏木から仕入れている。彼女...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(100)

<<はじめから読む! <99話 「頑張って!」 「う、あ、えええ? いやあああ」  経験上、ゲームには人間の本性が表れると思っている。パズルゲームで連鎖をめちゃくちゃ組む奴と、三連鎖くらいを連打する奴は性格...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(99)

<<はじめから読む! <98話  デートは柏木の意見も参考にして、地元の高校生の定番コースにした。県内に遊園地はあるが、車でないと交通の利便性が悪い。そのためうちの高校の人間は、だいたい電車に乗って、隣県にある大型ショ...
クレイジー・マッドは転生しない

クレイジー・マッドは転生しない(98)

<<はじめから読む! <97話  土曜日は柏木たちと買い物に出かけた。山本がくっついてきたのは、「呉井さんとデートに行くことになってんのに、あたしと二人で出かけてたの見られたら、明日川の評価は血に落ちるよ」との言い分に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました