SF

スポンサーリンク
ライト文芸

業火を刻めよ(12)

<<プロローグから読む! <11話  あまり人のいない、裏通りを選んで歩いた。渡された地図を広げて見るが、ヒカルは自分の現在地すらわからない。首を傾げて、上下左右にひっくり返してみるものの、ピンと来るものはなかった。  ...
ライト文芸

業火を刻めよ(11)

<<プロローグから読む! <10話  しばらくその場でぼうっとハンカチを見つめたままでいたヒカルだったが、唐突に思い出した。 (そうだ、スポーツバッグ……!)  確か、エリーはスキップが完了したらすぐに開けろと言っ...
ホラー

のしかかる時の十字架

 男の怒鳴り声はいつも、秋生あきおの心を容赦なく殴りつけ、急速に冷やしていく。例え対象が自分ではなかったとしても、敏感すぎるきらいのある秋生は、自分のこととして受け止めてしまう。  横目で見ると、皿を割ってしまった新人の女子大生が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました