筋肉受け

スポンサーリンク
BL

愛奴隷~Idol~(36)

<<はじめから読む! <35話  黄色い歓声とフラッシュの明滅に、貴臣は眩暈を覚えてふらついた。そんな貴臣の背をそっと支えたのは昴だった。 「すーちゃ……」  しぃ、と唇に指を当てて昴は微笑んだ。ずっと憧れ...
BL

保護中: 愛奴隷~Idol~(35)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

保護中: 愛奴隷~Idol~(34)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

保護中: 愛奴隷~Idol~(33)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

愛奴隷~Idol~(32)

<<はじめから読む! <31話 「すーちゃん……?」  どうしてここにいるの。  弱々しい声で彼の、昴の名前を呼ぶとじっとこちらを見つめていたらしい昴がはっと弾かれたように動きだし、牛島の腕の中にいる貴臣の...
BL

保護中: 愛奴隷~Idol~(31)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

愛奴隷~Idol~(30)

<<はじめから読む! <29話  星月夜の裏口から入る。今日もまた、あの獰猛な小動物のような青年に嫌味な視線をぶつけられるのだろうと思ったが、出くわさなかった。彼だけではなく、他の人間とも会わなかった。偶々なのだろうけ...
BL

愛奴隷~Idol~(29)

<<はじめから読む! <28話  案の定、昴からはそれからぴたりと連絡が途絶えた。当たり前だ。ゲイフォビアの彼があんなシーンを見て、平気で自分と友人づきあいができるわけがない。いっそのこと連絡先をすべて消去してしまおう...
BL

愛奴隷~Idol~(28)

<<はじめから読む! <27話  抵抗する気もなく身体を拭き清められてから、貴臣はパーティー会場へと一人で戻った。ふらふらとした足取りで、時折壁に寄りかかって休みながら。戻るのは憂鬱だったが、帰宅するにしても一度葉山か...
BL

保護中: 愛奴隷~Idol~(27)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました