スポンサーリンク
BL

保護中: 右手じゃ足りない(10)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

右手じゃ足りない(9)

<<1話から読む! <8話  昭島は宣言通り、飛鳥にちょっかいを出し始めた。  飛鳥は基本的にインドア派で、大学に通う以外は、ほとんど寮内で過ごしている。普段寮で見かけることの少ない昭島が、飛鳥と会話をするためだ...
BL

右手じゃ足りない(8)

<<1話から読む! <7話 「先輩、ここいいですか?」  明るい声音に、祥郎は味噌汁を飲んでいた手を止めて、顔を上げた。「もちろん」と、飛鳥に着席を促した。 「ありがとうございます」  いただきます、...
BL

保護中: 右手じゃ足りない(7)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

右手じゃ足りない(6)

<<1話から読む! <5話  お任せします、という言葉どおりに、祥郎は新宿の街を連れ回した。  美容院の予約から、飛鳥に似合いそうなブランドの情報収集、昼に何を食べるかというところまで、全部祥郎が決めた。 ...
BL

右手じゃ足りない(5)

<<1話を読む! <<4話  自分の手や顔を拭いて、飛鳥の下肢も丁寧に清めた後、祥郎の身を焼いたのは、罪悪感だった。 (やばいって……どう考えても、やりすぎだって……)  熱が冷め、自分の行動をよく振り返れ...
短編小説

きらきら星のばんそう者

 黒板の前で発言をするのは、優等生と相場が決まっている。一度も染めたことがないだろう黒髪を、きっちりと二つに結んだ副委員長を従えて、学級委員の眼鏡の少年が、か細い声を精一杯張り上げている。  私は不自然にならないように、辺りを窺った...
お知らせ

電子書籍情報

☆小説 お化け屋敷の椿姫 (いろ葉書房)(2020年7月配信開始) 不良の先輩の逆鱗に触れたせいで、一人で郊外の廃墟に肝試しに行くことになった優也。そこには、美貌の男娼がいた。七年後、札幌の病院に勤める看護師になっ...
BL

保護中: 右手じゃ足りない(4)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

右手じゃ足りない(3)

<<1話から読む! <<2話  ぐすぐすと鼻を鳴らして泣く飛鳥は、また新たな顔で、祥郎の目を惹きつける。  人見知りで大人しく、根暗な青年ではない。先輩に食ってかかる生意気な青年でもない。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました