セフレ

スポンサーリンク
BL

恋は以心伝心にあらず(30)

<<はじめから読む! <29話  にこにこと笑っている女性を前にして、千隼は冷や汗をかいていた。  頼みの九鬼はといえば、気を利かせたのかなんなのか、ドリンクバーに三人分の飲み物を取りに行ってしまった。  ...
BL

保護中: 恋は以心伝心にあらず(29)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

保護中: 恋は以心伝心にあらず(28)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

保護中: 恋は以心伝心にあらず(27)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

恋は以心伝心にあらず(26)

<<はじめから読む! <25話  千隼が鍵を開け、中に入った瞬間、正面から抱き締められた。  服を着たままのスキンシップですら、なかなかすることがなかった。いつだってこの部屋で行われたのは、千隼が一方的に上に跨が...
BL

恋は以心伝心にあらず(25)

<<はじめから読む! <24話 「おっと」  テーブルに音を立ててぶつかったスマホを、九鬼は素早く回収した。千隼はぶるぶると震えて、それから九鬼に「パートナーって……」と、尋ねる。  おそらく、間抜けな顔を...
BL

恋は以心伝心にあらず(24)

<<はじめから読む! <23話 「……ところで。今日は会社まで、何しに来たんだ?」 「あ」  恋人ショックで忘れていた。千隼は鞄の中から、九鬼のスマホを取り出す。 「これ、忘れていったから」  ...
BL

恋は以心伝心にあらず(23)

<<はじめから読む! <22話  おとなしくなった千隼を連れ、九鬼は適当な店に入った。勝手に二人分のアイスコーヒーを注文すると、じっとこちらを見つめてくる。  話をしようと言ったはいいものの、九鬼はどこから切り出...
BL

恋は以心伝心にあらず(22)

<<はじめから読む! <21話  にっこり笑顔はそのままに、千隼は九鬼の腕に自分の腕を絡ませた。困惑する女性に、千隼は宣言する。 「君さ、こいつと付き合ってるみたいだけど、知ってる? こいつ、俺とも寝てんの。俺に...
BL

恋は以心伝心にあらず(21)

<<はじめから読む! <20話  電車一本、駅から十五分あまりで、九鬼の勤め先に到着する。  出版社と聞いてイメージする高いビルとは大きく異なっていた。それでも、昔勤めていたアプリ開発会社は適当な雑居ビルの一室だ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました