好青年攻め

スポンサーリンク
BL

二週間の恋人(25)

<<はじめから読む! <24話  スーツケースを引きずって、隣を歩く青年は、要を気遣っている。何度も「大丈夫ですか?」「休みましょうか?」と尋ねてくるが、そのすべてに首を振った。  俊平はそれを、要が機嫌を損ねて...
BL

保護中: 二週間の恋人(24)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

保護中: 二週間の恋人(23)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
BL

二週間の恋人(22)

<<はじめから読む! <21話  空港を一人で訪れたのは、何年ぶりだろう。悔恨の気持ちから、要はこの地に己を呪縛していた。修学旅行は仕事だと割り切っていくが、個人的な旅行など、もってのほかだった。  俊平が、土曜...
BL

二週間の恋人(21)

<<はじめから読む! <20話  言葉通りに、俊平は実習生としての距離感に戻った。言い合いをした後の極端なものではなくて、数学準備室に立ち寄って、他愛のない話をすることもある。  それが正しい関係性だとは、わかっ...
BL

二週間の恋人(20)

<<はじめから読む! <19話  俊平が呼んだタクシーに乗せられた。要が自分から喋らないのはいつものことだとしても、俊平までもが無言のままでいるので、重苦しい沈黙が車内を覆っていた。   しばらく車窓を眺めていた...
BL

二週間の恋人(19)

<<はじめから読む! <18話  週末の口論――実際には、要が一方的に喚いただけだが――を経て、俊平の反応は顕著だった。まず、数学準備室に必要以上に近寄らなくなった。いないことに気がついて、要が実習生たちの臨時職員室を...
BL

二週間の恋人(18)

<<はじめから読む! <17話 『だよなあ。ホモなんてキモいよな。可哀想に』  そう言われて、要は困ったように笑うほかなかった。陽介に悪いと思ったが、東京でいくら噂になろうとも、彼へのダメージは少ない。それに、同...
BL

二週間の恋人(17)

<<はじめから読む! <16話 「……そのつもりだった。俺も、陽介も」  東大に合格が決まり、要は上京した。刺激的な都会での生活に、時にはためらい、時には楽しみながら順応していった。  それでも、どこまでも...
BL

二週間の恋人(16)

<<はじめから読む! <15話  要はきれいだからなぁ、というのが、陽介の口癖だった。今以上に数学バカだった要の、中学時代からの唯一の親友だった。特進科に進んだ要と普通科の陽介とでは、教室のある階すら違ったが、昼休みと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました