『無明情夜』レビュー

スポンサーリンク
インディーズ小説・漫画

ずっとバイトがなくて暇を持て余しているので、読書その他が捗りますね。

たくさん読むなら、Amazon kindle unlimitedに登録するとオトクです。

先日はひたすら漫画を読み続けていました。1日で20冊とか30冊とか。
マンガ喫茶気分でした。

スポンサーリンク

『無明情夜』

今日レビューするのはこちらの作品。

『無明情夜』 (丹宗あや)

作者の丹宗あやさんは、noteに投稿された小説の中から、「きゅん」と来るものを集めたキュレーションサイト、haccaノベルを主宰されています。

haccaノベル
hacca(ハッカ)ノベルは、少女漫画みたいな〖&#1...

サイトがグリーンで可愛くてオシャレ!

異世界恋愛は得意じゃない私も、haccaノベルの趣旨に同意、ハッシュタグを利用しての小説の投稿を行いました。

【小説】魔女の爪は赤い|葉咲透織(はざきとおる)|note
「なぁ。その赤い口紅、やめない?」  浩司の言葉に、私はメイクの手を止めた。今まさに繰り出していたのは、広義の「赤」リップだ。この秋冬の流行であるテラコッタに近い色味は、いくつものブランドをはしごして手に入れた。私に似合う色を吟味して、ようやく見つけた、最近のお気に入りである。 「なんで?」  出かけよう、と言い出し...

これからの発展が非常に楽しみなサイトです。

現在、第1回haccaコンというイベント開催中です。
テーマ「秋」「冬」に沿ったネタをお持ちの方は、ぜひ参加してくださいね。



(こちら『無明情夜』表紙です)

エロティックな文学作品です。文章力、表現力に圧倒されながら一気に読みました。

主人公は二十代後半、会社員の沙也夏。
大学からの付き合いの彼氏もいて、職場に仲のいい同期がいて、部長は鬼だけど、彼女の癇癪から助け出してくれる美人の先輩がいて。
充実しているように見えるのですが、どこか空虚にも感じられます。

沙也夏の一人称で進む小説なのに、主人公である彼女の顔が見えてこない。
友人の綾子や茜先輩との対比でしか浮かび上がってこない沙也夏という人物は、不安定で揺らいでいます。

息が詰まるほど引き込まれたのは、社員旅行先で見つけたお堂の中の描写でした。
夥しい数の地蔵の鬼気迫る描写に、恐怖すら覚えます。
そしてその後、主人公の彼氏・みー君(束縛系モラハラ一歩手前?彼氏)によって連れられていった、ラブドールが吊り下げられたアダルトショップのシーンでも、地蔵の光景が重なり合って私の目には映し出されました。(狙って、のことでしょうか)

表紙にも映っている「水」が非常に重要なはたらきをしています。
父の影を落とすボルヴィック。
気になる男の先輩が寄越したエビアン。
人の身体の6割~7割が水です。
飲用水の変化は、沙也夏の変化でもあります。
父の幻に縛られ、彼氏以外の男とセックスして、それでもやっぱりどうしようもなく空虚で、渇いている。

うーん。「萌え!」とか「燃え!」とか「可愛い!」みたいな言葉をつかえない作品のレビューは難しいですね。

アラサー女性の胸には刺さるものが何かしらある話だと思います。

Amazon商品ページにも抜粋されている、坂本部長の台詞が格好よくて、思わずメモしてしまいました。

 インディーズ電子出版サークルやってます

Amazon kindleを始めとした電子出版を楽しむサークルを主宰しています。

書き手、読み手問わずにインディーズ電子出版を盛り上げていきたいと思っています。

インディーズ電子出版同好会(仮)|葉咲透織(はざきとおる)
自作の漫画や小説etcをAmazon kindleなど電子書籍としてセルフ出版している人、出版してみたい人が集まってあれこれ相談したりわいわいがやがや楽しむサークルです。インディーズ出版された電子書籍を読むのが好き! という方もどうぞ。 ※作者プランの方は、Slack招待メールを送りますので、参加中サークルからこのサ...

ぜひ、ご参加ください。

ランキング参加中!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説家志望へ



コメント

タイトルとURLをコピーしました