天然攻め

スポンサーリンク
BL

薔薇をならべて(18)

<<はじめから読む! <17話  千秋楽が終わっても、なかなか仕事に切れ目がなかった香貴の、久しぶりの一日オフの日。  申し訳ないと思いながらも、涼は事前に連絡して、時間を作ってもらった。午前中で終わる予定だが、...
BL

薔薇をならべて(17)

<<はじめから読む! <16話  幕が一度閉じる。カーテンコールも練習するらしい。中央で堂々と客席に礼をする香貴と、目が合ったような気がして、涼はぱっと顔を下げた。感動して、少し泣いてしまったことを、隠しておきたかった...
BL

薔薇をならべて(16)

<<はじめから読む! <15話  最終的には、母の「あんた、私を置いて帰るの?」という圧力に負けた。  舞台全体を見渡せるし、オペラグラスなしでも役者の顔がよく見えるど真ん中の座席に座らされた。  思い返せ...
BL

薔薇をならべて(15)

<<はじめから読む! <14話  写真を撮影して、あとで宣伝用に店のSNSにアップしよう。どう撮影したら、特徴が出るものか、ああでもないこうでもないとスマートフォンを構えて立ったりしゃがんだりしている涼を、母は「まだ?...
BL

薔薇をならべて(14)

<<はじめから読む! <13話  バラ、と一口に言っても、色も形も様々だ。同じ赤でも濃い色薄い色、小ぶりな花に大輪の花。バラと言われてイメージするゴージャスな形ではなく、花弁の数が少なく、可憐にしとやかに咲く花もある。...
BL

薔薇をならべて(13)

<<はじめから読む! <12話  翌日、店には臨時休業の貼り紙をした。母に相談したら、自分も行くと主張した。親子二人でやっている、小さな店である。出かけるとなれば、店を閉めるしかない。  幸い、残っている花は多く...
BL

薔薇をならべて(12)

<<はじめから読む! <11話  それから、毎日仕事終わりに香貴の家に出向き、花瓶の花の手入れをする日々が続いた。さすがに延命剤の量については口を酸っぱくし、「腹いっぱいのところに、大量にステーキ持ってこられたらどうな...
BL

薔薇をならべて(11)

<<はじめから読む! <10話 「バラが痛いって言ったのかよ」  鼻で笑うと、さすがの香貴もムッとした。「言わないけど!」と、声を荒らげる。  子供じみた感傷だな、と涼は冷めた目を向ける。  野で可憐...
BL

薔薇をならべて(10)

<<はじめから読む! <9話  言ったとおりにすれば、バラの花は一週間はきれいな状態を楽しめるはずだった。しかし、三日後に連絡をしてみれば、香貴は浮かない声。一方的に涼の話を聞き、頷くばかりだ。  怪しい。 ...
BL

薔薇をならべて(9)

<<はじめから読む! <8話  母と相談した結果、まずは切り花を飾るところから始めたらどうか、という話になった。  確かに、いちから育てるよりもハードルが低いし、早晩必ず枯れることはわかっているから、心的ダメージ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました