業火を刻めよ

スポンサーリンク
ライト文芸

業火を刻めよ(エピローグ)

<<プロローグから読む! <32話  自分の生きる時代に戻ってきたヒカルは、数日間医務室への入院をしたのちに、仕事に復帰した。幸い、桃子の幻覚は見えなくなっていた。 「奥沢巡査。初任務、ご苦労」  提出した...
ライト文芸

業火を刻めよ(32)

<<プロローグから読む! <31話  事件から数日が経過した。テレビや週刊誌での報道は、憶測が憶測を呼び、真実からは遠ざかっている。勿論それは、政府や警察による圧力によるものだった。ヒカルは黒田の家で、一人でそれを確認すると、...
ライト文芸

業火を刻めよ(31)

<<プロローグから読む! <30話  ヒカルは口元を押さえた。うおおお、という信者たちの熱狂的な歓声が起きる前に、悲鳴を上げるところだった。  倒れ込んだ桃子は、まだぴくぴくと身体を痙攣させており、まだ生きているかもしれ...
ライト文芸

業火を刻めよ(30)

<<プロローグから読む! <29話  儀式の時刻まで、あと十分。  ヒカルは黒田が入手した信者の正装に着替え、儀式の行われる部屋にいた。地下二階に相当する場所は、広い一つの部屋になっており、出家信者たちと、熱心な在家信者...
ライト文芸

業火を刻めよ(29)

<<プロローグから読む! <28話  重い扉の奥は、座敷牢だった。先ほどよりも、一段と空気が冷えたのを感じて、ヒカルは思わず身震いする。 「どうしてこんな」  独り言だったが、カイが親切にも答えをくれる。 「...
ライト文芸

業火を刻めよ(28)

<<プロローグから読む! <27話  地下への潜入は、意外とあっさりと済んだ。転んだ黒田が、大げさに喚いたので、皆そちらに一瞬注意が向かった。その隙に、地下へと向かう。  地上の熱気とは対照的に、地下は冷えている。少しか...
ライト文芸

業火を刻めよ(27)

<<プロローグから読む! <26話  スキップしたヒカルは、眩暈と吐き気に襲われた。だが、倒れ込んで回復を待つ時間はない。ゆっくりとしか歩けないが、ヒカルは黒田の家に戻る。幸いにして、それほど離れたところに着かなかったので、方...
ライト文芸

業火を刻めよ(26)

<<プロローグから読む! <25話  三度、四度と読み返して、ようやくヒカルは書かれている事実を飲み込んだ。 「なんで……」  声が震える。ぐっと喉の奥が詰まって、嗚咽へと変わる。 『宗教法人・龍神之業による...
ライト文芸

業火を刻めよ(25)

<<プロローグから読む! <24話 「もう行っても無駄だ」  エリーの声に、ヒカルは強く反発した。 「そんなの、わかんないだろ! ただ単に、風邪ひいて寝込んでるだけかもしれないし」  語尾にかけて声が小さくな...
ライト文芸

業火を刻めよ(24)

<<プロローグから読む! <23話  悩みに悩んだ末、ヒカルはウサギのぬいぐるみの入った鞄を、持って出かけた。エリーは何も言わなかった。声が聞こえないと、本当にただのぬいぐるみにしか見えない。彼が今、モニターで観察しているのか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました